ご挨拶

代表取締役   長友 浩人

 

当社は平成6年に養豚一貫生産農場をえびの市の標高730mの高原に建設し、平成10年にSPF認定農場となり、現在ここで母豚1270頭、肉豚16000頭を飼育管理しており、年間32000頭の肉豚を出荷しています。

飼料と水にもこだわっており、水は新鮮な霧島連山からの伏流水を引き込み、飼料には自然素材のミネラル、ヨード分を豊富に含む海藻の他、エコフィード(パン粉、茶粕、焼酎粕など)を利用し、栄養計算された自社オリジナル配合飼料を豚の健康と成長を優先に考えて仔豚に給餌しています。また、管理体制にも力を入れており、若いスタッフがプロ意識を持ち、『健康で美味しい肉づくり』のために愛情と情熱を注いでいます。また、飼料価格の高騰から、コスト低減を図るため、県内産飼料用米とエコフィードを組み合わせた給与体系作りを手掛け、"飼料も地産地消で”をテーマに地域活性化にも取り組んでいます。

『より安全・よりおいしく』をお届けするために、消費者の皆様に喜ばれものづくりを念頭に頑張

ります。

 

 

☆紹介PV☆

                                撮影:空撮Japanアクシア

トッピックス

       9月より受付開始!

              ⇩詳しくはこちら⇩

 

 

 

 

ニュース

2019年10月09日
 ホームページを更新しました。